このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年7月中途入社

河北 啓二

(株)J-TAPアドバイザリー /経営・財務コンサルタント/コンサルタント職
早稲田大学卒業後、会計士論文式試験に合格しEY新日本有限責任監査法人へ入所。約3年半の間、金融部に所属し地方銀行を中心とした監査業務に従事する。2019年7月に(株)J-TAPアドバイザリーへ入社。現在は経営・財務のコンサルタント職として従事。
(株)J-TAPアドバイザリー /経営・財務コンサルタント/コンサルタント職/河北 啓二
転職活動をする際に考えたこと

転職活動をする際に考えたこと

大学進学のため地方から上京した際に、東京一極集中型の状況を目の当たりにしました。その頃から思っていたのが「地方の中小企業の経営サポートがしたい」ということ。そのため、入所した監査法人でもグローバルな大手上場企業ではなく地方銀行に対する監査業務を選択しました。監査手続のひとつに、銀行内部の融資先に対する審査を監査する手続があります。その手続の中で中小企業の経営状況等を見させていただきましたが、あくまでも紙面上で財務数値等を見るだけであったため、より直接的に中小企業の経営をサポートしたいという思いが高まってきました。そのための力を身に付けなければならないと考え、3年半で監査法人を退職し転職することを決めました。

転職活動の際は中小企業をメインのお客様としている会社が一番の条件でしたが、小さな組織のほうが個人の裁量が大きく幅広い業務が経験できると考え、小さな組織の会社ということも条件のひとつとして転職活動を行いました。
入社を決めた理由

入社を決めた理由

中小企業がメインのお客様で、小さな組織の会社はもちろん当社以外にもたくさんありました。その中でも当社へ決めた理由が3つあります。

1つ目は多様なバックグラウンドを持った社員が所属していたこと。弊社には大手ファーム出身の会計士・税理士の他に四大弁護士事務所出身の弁護士や証券会社の投資銀行部門出身の者がおります。そのためM&AのフィナンシャルアドバイザーやDD業務に高いレベルで取り組んでおり、一般的な小規模の会計事務所よりも経験値が高められると思ったからです。

2つ目は将来の独立を前向きに検討していただけたこと。通常は社員の独立を快く思わない会社が一般的だと思います。弊社の場合、入社前に「将来は地元に帰って独立することも考えている」と話した際、「独立したいというぐらいの志を持った方と働きたい」と前向きに捉えていただきました。実際に入社後も社内独立制度の整備を進めていただいております。

3つ目は代表の片寄の仕事に対する熱い志に惹かれたこと。入社前に何度も会う時間を作ってくれ、仕事への思いや会社の将来についてお話してもらいました。その中でも「J-TAPをこれから成長させたい。その力になってほしい」と言われたことが心に残っており、自分の成長が会社の成長に直結するのはとてもやりがいがあるなと思いました。

このようにコミュニケーションを取っていくなかで「この会社、この上司なら楽しく仕事をしつつ、成長できる」と感じ、入社を決意しました。コミュニケーションを充分に取って入社に至ったので入社後のギャップはほとんどなく、自分が信頼できると思った上司から日々直接指導を受けながら仕事に取り組むことができています。
入社後に感じていること

入社後に感じていること

現在の仕事内容は、中小企業における事業・財務デューディリジェンス及び事業計画の策定がメインです。その後の事業計画の実行支援、M&Aの財務DD、M&Aなども担当しています。入社してすぐの頃、担当した中小企業の社長様へ財務分析した結果をお伝えした際のこと。我々が策定したその企業の業績分析を見て「うちの会社はそうなっていたのですね」とおっしゃられたことに少し驚きました。財務数値を細かく見るのではなく長年の経験にもとづき経営を行なっている中小企業の経営者は少なくないはずであり、その勘は正しいときもあれば誤っていることもあるはずです。経営者の勘を財務数値で答え合わせをする。こういったところに会計士としての存在価値があるのではないかと感じた瞬間でした。

一方で、伝え方を間違えると「何かややこしいやつが来た」となってしまうことがあります。今は、その企業の本質的な問題はどこにあるかを考えていると同時に、それをどう伝えればご納得いただき信頼していただけるかを考えながら模索している最中です。

事業計画の策定をした際にお客様から信頼を得られると、事業計画の実行支援や税務顧問などの継続契約を依頼していただけることがあります。そのような継続契約をいただけた際には、お客様から信頼を得られたということですごく嬉しいことだと思います。できる限り自分が担当したお客様から継続的な契約をしていただけるよう、お客様との信頼関係をさらに大切にしていきたいです。
J-TAPの魅力

J-TAPの魅力

私が思う弊社の魅力は「日々スピード感を持って新しいことに挑戦」しながらも「継続的な仕事の品質も高いものを提供」しているところです。経営陣と話していると「次こういうことをやりたいと考えているんだよね」という話をよくしてくれます。そういった話をした後、ほとんどの場合すぐに行動にうつしており、その実行力はすごいなと思っています。一方で、既存の仕事についてももちろん品質を落とさずに取り組んでおり、忙しい中でもきっちりとしたレビューをしてくれます。自分の意欲や成長次第では新しい仕事やレベルの高い案件をまかせてもらえるようになり、自分の業務の幅が広がります。人数もまだそれほど多くないことから私自身の成長が会社の成長に直結する点は、働く上での意欲に繋がっています。

また、コミュニケーションを大切にしている社風も魅力のひとつです。経験豊富な上司や専門知識を持った同僚と密にコミュニケーションを取りながら仕事をでき、わからないところはすぐに質問できる環境です。片寄や鷹箸をはじめ、社員もみんな明るく前向きであることから「みんなで楽しく、良い仕事をしよう」という雰囲気がある会社です。

◎応募者へのメッセージ

◎応募者へのメッセージ

私の将来の目標は、J-TAPの関西拠点として社内独立をすること。「なぜ社内独立を選ぶの?1人で独立しないの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。私が社内独立を目指す理由は、関西には戻りたいが、J-TAPのメンバーと仕事をしたいからです。当社には個人では関われないような上場会社のM&A等の案件があり、そのような案件に対してメンバーが協力して品質の高いものを提供しています。その前提として、当社のメンバーはひとりひとりが高いプロ意識を持ちながら仕事に取り組んでいます。

弊社に入社後、このような環境に身を置くことで私自身日々成長を実感し、充実した毎日を送っております。入社前は「数年後にはひとりで独立」なんてことを考えていましたが、今は「一人のプロとしてJ-TAPとともに成長していきたい」と思っています。そのほうが一人で独立するよりも結果的に数多くの中小企業の経営を良い方向に向けることができるのではないかとも思っています。

将来に向けて目標を持っていればそれに向けて色々なことに挑戦させてもらえ、やりがいを持って働ける環境が当社にはあります。私が言うのも何ですが、当社はまだまだ成長途中です。転職にあたって自分が成長したいと考えている方は、ぜひ自分の成長が会社の成長に直結するところを想像してみてください。わくわくしませんか?こういった思いに共感していただけた方、みんなで楽しく良い仕事をしたいと考えた方、ちょっと暑苦しいと感じた人もいるかもしれません。読んでいただけた方には様々な思いを抱かれた方がいらっしゃると思いますが、お気軽にご連絡いただき、ぜひ一度当社まで足をお運びいただけたら嬉しいです。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ビジネスコンサルタントに関連する求人票を見る