このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年8月中途入社

加茂 貴之

J-TAP税理士法人/税務担当/執行役員
2010年3月に立命館大学を卒業後、金融機関へ就職し約4年間勤務。その後、会計事務所、税理士法人で約4年間の経験を積む。税理士試験合格を機に、2018年に株式会社J-TAPアドバイザリーへ入社。現在は税務担当の執行役員(税務チーム責任者)として活躍中。
J-TAP税理士法人/税務担当/執行役員/加茂 貴之
もっと成長できる環境に身を置きたい。

もっと成長できる環境に身を置きたい。

税理士法人に勤務した後、「会計業界でより一層の成長を計りたい」と思い、転職を決意しました。転職先には大手で勤務し一定の分野に特化するのではなく、中規模の会社で各業務についてバランスよく成長したいと思い、中規模の会社を主に検討しておりました。数ある中で当社を選んだ理由は二つあります。面接時に話を聞く中で、「自身が成長する中で会社とともに成長できるのではないか」と当社の将来性に魅力を感じた点、「自身の成長次第で他社よりも早くマネジメント層に参画でき、他社にはないキャリアパスがあったこと」から当社に入社を決意しました。
税務業務からコンサルティングまで幅広く担当。

税務業務からコンサルティングまで幅広く担当。

中小企業から上場会社までの会計・税務業務に加え、資産税相談・申告業務、組織再編コンサルティング、連結納税コンサルティング、国際税務コンサルティング、資本政策相談といった会計・税務業務まで担当するため、業務内容は多岐にわたります。

そのなかでも弊社の特徴としては、コンサルティングの要素が強いことが特徴です。弊社ではCFO型の税務顧問サービスを行っており、各社に合わせてオーダーメイドの対応を行い、「会社の実態を分かりやすく」ようにすることを行っております。これにより業績の良し悪しを何が要因でそうなったのかを洗い出すことで、会社の長期的な成長を支援しているのが特徴です。そのため、担当者としては税務知識だけでなく、業績分析する・将来を予測するという財務の力を身に着けることが可能となります。
一人ひとりのキャリアパスを実現するフィールドがある。

一人ひとりのキャリアパスを実現するフィールドがある。

多彩なキャリアパスが選択できる点も当社の魅力。グループ内ではM&Aや事業再生も行っているので、他チームと連携しながら経験を積むこともできます。さらに他チームに転籍して本格的にM&Aや事業再生を主担当することも可能となります。

また、社内独立制度もあるので、社内から支店として独立することできます。独立当初から大きな仕事ができ高い報酬が得られるうえ、既存メンバーと協力して組織としても働けるメリットのある制度。社員の独立をよく思わない風潮の業界内で、当社は独立後も連携して仕事ができる点は魅力だと思っています。
◎応募者へのメッセージ

◎応募者へのメッセージ

少人数の会社でありがちなトップダウンの組織ではなく、当社はボトムアップの運用をしています。それぞれが会社をどのようにすれば良いか考えて発言していくことで、会社だけでなく本人も成長を遂げられると考えているためです。

私自身としては、税務チームの責任者も任されているため、顧客対応だけでなく、法人全体の運用に携われる点に大きなやりがいを感じています。メンバーとの密なコミュニケーションをとり、良い組織にしていくことを心がけております。

専門性の高い内容や新たな経験を積むための環境・制度は用意されているので、積極的な方が当社に合っていると思います。やらされるものではなく、やってみようという気持ちを持った前向きな方と一緒に働けたら嬉しいです。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

税理士に関連する求人票を見る